logo



令和3年4月1日開園 守山区大永寺町192
TEL 052(725)8760  FAX 052(725)8761
  ◆【保護者とともに子育てをします】
 保護者と保育者の会話を大切にし、
日々のコミュニケーションによる信頼関係を築きます。 また、コミュニケーションの中で汲み取った各家庭のライフスタイルを尊重し、可能な限り、 個々のリズムに合わせた保育を目指します。

◆【子どもにとって「第二の家庭」、保護者にとって「身近な相談者」となっていきます】
 愛情を最も必要とする乳幼児期に、保護者の代わりとなり、心身から愛情を注ぎ、 スキンシップを第一にした保育をします 。
「よく食べる」「よく遊ぶ」「よく眠る」を大切にし、暖かい家庭的な雰囲気の中で 子どもと保護者にとって
「安心できる場所」となっていきます。

◆【親子と地域を結びつける役割を担います】
 園児とその保護者は、地域の中で日常生活を送っています。地域の中で生き生きと暮らすことが出来るよう、園生活の中でも地域との連携をとっていきます。
 
受け入れ年齢 0〜5歳 合計100名
0歳:4名 1歳:13名 2歳:17名 3歳:20名
4歳:22名 5歳:24名
   
   
休園日
 日曜 祝日 年末年始(12/29〜1/3)
開園時
 7:30〜19:30
(18:30〜19:30は延長保育時間となります)
運営法人
 社会福祉法人てとろ
(令和3年4月1日より名古屋市から移管しました)
保育目標  
保育目標
「24時間の姿」を捉えた保育 乳児保育の特徴
 家庭での生活と、保育園での生活が切り離される事がないよう、
保護者との密な連携を図ります。
例えば…離乳食、パンツトレーニング、言葉の発育など…家庭と保育園のやり方や時期を合わせ、子育て中での孤立感を少しでも減らす事ができるよう、個別対応します。
グリットを育む、子ども主体の保育 幼児保育の特徴
「思う、感じる」を「考える・判断する」に繋げ「実行行動する」
グリッド(やりぬく力)を育むため、幼児の生活は自己選択や自己発信を尊重し「自分で決めたからには最後までやり抜くんだ!」という気持ちを育てます。年長児はグリッド生活の集大成として、保育生活を自分たちで考えていきます。
「小さいけれど、愛情沢山の自治組織」の中で【「したいこと」は頑張れば「できること」に変わる体験】を積み重ね、成長の中で、「どんな時も希望を持って前へ進む力」を培います。
話し合いからすべて始まる  
「ザリガニ釣りたい」「遠足はどこへ行く?」「最近、年少さんがよく泣いているけど、どうしたもんかな〜?」てとろ保育園の幼児クラスでは、こんな会話が聞かれます。気づいたこと、思ったことがすべての生活につながります。話し合いの時間、保育士は仲介役に徹します。子どもたちの力は無限だと私たちも気づかされます。
小学校就学へ向けて  

時間/カレンダー 「〜時〜分に何をする」という生活の流れで、時計を意識する機会を設け、自然に時計を読むことが出来るようにしていきます。

読み/書き 郵便屋さんごっこなど、日々の遊びや製作の中で、文字への興味を高める取り組みをしています。
自分で読んだり、書いたりする喜びを味わいながら、読み/書きの力を伸ばしていきます。

数字 お買い物屋さんごっこや買い物体験などの行事や遊びを通し、興味を高めていきます。

アクセスマップ(JR「新守山駅」から徒歩10分)
運営規程 重要事項説明書

 TOP

法人概要 リンクサイト一覧 問い合わせ プライバシーポリシー